広島菜レシピ 広島菜のお漬物はあじわい深く、さまざまなお料理にも使えます。広島菜を使った美味しいレシピをご紹介します。

倭(やまと)

歯ごたえの良く香り豊かな広島菜は、そのままでも美味しくお召し上がりいただけますが、お料理にもピッタリ!そんな広島菜を使った美味しいレシピを商品ごとにご紹介しています。

ptato_salada.jpg

ポテトサラダとまぜるだけ!
お弁当にもおすすめです。


【材料】(1人分)
・ポテトサラダ 50g
安藝菜(広島菜浅漬)または「倭(やまと)」10g


【作り方】
1) ポテトサラダと安藝菜(広島菜浅漬)またはを混ぜ合わせます。


【ポイント】
安藝菜(広島菜浅漬)は、きゅうりの代わりに鮮やかな緑色と食感を演出します。

倭(やまと)は、広島菜ときゅうりのしそ風味のしょうゆ漬です。
  ・きゅうり、広島菜の食感
  ・マヨネーズと相性が良い醤油味
  ・あっさりとしたしそ風味がいつもと違ったポテトサラダに変身させます!

山芋コロコロ安藝簾うどん

ネバネバ山芋と安藝簾の相性がよい!


【材料】(2人分)
・山芋....150g
・温泉卵....2個
安藝簾.....2袋
・味付けのり(千切り)...少々
・(お好みで)安藝紫....少々
・ごま油.....少々
・レモン...お好みで添えます
・ストレートめんつゆと安藝紫ドレッシング.....5対1の割合


【作り方】
1) 山芋は皮をむき2?の角切りにし、ボウルに水を入れ酢を少々入れた水につけてぬめりを取ったらザルにあけます。
2) 安藝簾をたっぷりの水で4分ゆがき、ザルに取って冷水でよく洗い、水気を切ったらゴマ油を少々まぶしておきます。
3) 皿に安藝簾をのせ、山芋、絞った安藝紫をお好みで彩りよく盛りつけます。
4) 温泉卵を中心にのせ、ストレートめんつゆと安藝紫ドレッシングを5対1で合わせたつゆをかけてお召し上がりください。

安藝簾うどん入り おいなりさん

お手軽弁当に


【材料】(12個分)
・味つけいなり用油あげ...12個分
安藝簾....1袋
・錦糸卵...30〜50g
・カニかまぼこ...50g
・ごま油....少々
安藝紫...少々
・味付けのり(千切り)...少々
・ストレートめんつゆ....お好みの量
安藝紫ドレッシング...お好みの量


【作り方】
1) 錦糸卵、カニかまぼこは2cm〜3cmにカットし、軽くほぐします。
2) 安藝簾は多めの水でやや固めにゆがきます。4分くらいでザルに取り、冷水でよく洗い、水気を切ったらごま油を少々まぶしておきます。
3) いなり用あげの汁気を切り、口を広げ、2)を詰めます。
4) 3)の上に錦糸卵を乗せ、カニかまぼこ、安藝紫(又は)、味付けのりをトッピングしていきます。
5) ストレートのめんつゆ、安藝紫ドレッシングをつけてお召し上がりください。

安藝簾うどんのおしゃれ巻き

色鮮やかな一風変わった巻き寿司


【材料】(2人分)
安藝簾...2袋
・大判焼きのり....2枚
安藝紫...合わせて80〜100g
・サラダ油....大さじ1
・ストレートめんつゆ...お好みで
安藝紫ドレッシング...お好みで
・カニかまぼこ(ロング)...4本
・ごま油.....少々
【A】
 ・卵....3個
 ・砂糖....小さじ2弱
 ・塩....小さじ1/3
 ・顆粒だし....少々
 ・水....小さじ2


【作り方】
1) フライパンにサラダ油を入れ、ボウルに【A】を入れてだし巻き卵を作り、焼けたら、縦長に4本切ります。
2) 安藝簾をたっぷりの熱湯で4分固めにゆがき、ザルに取って冷水でよく洗い、水気を切ったらごま油とからめておきます。
3) 焼きのりは表面がガサガサしている方をコンロの上で炙ります。
4) まきすの上にラップを横に30cm広げ、焼きのりの裏面を上にし、安藝簾、だし巻き卵、絞った安藝紫、カニかまぼこをのせます。
5) まきすとラップを一緒に手前から巻いていきます。ラップを巻いたまましばらく置いてから切ります。
安藝紫は多く入れると、うどんに塩分があるので辛くなります。

2010年07月01日

倭そぼろ

yamato_soboro.jpg山豊のきゅうりと広島菜を使ったお漬物「倭(やまと)」を使ったおいしい肉みそです。しその香りがほのかにして、さっぱり味。
お豆腐・ご飯にのせたり、麺類にトッピングしたり、餃子の具にしたりと、いろいろな使い方ができます。カンタンに作れるのでぜひお試しください。

【 材 料 】作りやすい分量
合い挽き肉・・200g
砂糖・・大さじ3
酒・・大さじ2
みそ・・大さじ3?4(みその種類で調整して下さい)
みりん・・大さじ4
倭・・100g
水・・カップ1/2
サラダ油・・適量


【 作り方 】
1)にサラダ油を熱し、合い挽き肉を色が変わるまで炒める。

2)(1)に水、酒、砂糖を加え、さらにみりんでのばしたみそを加えてよく混ぜる。

3)倭を加えて、鍋全体を木べらで混ぜながら、みそに照りが出るまで煮詰めて完成!

 

【お料理のコツ】
★みそは種類に応じて、量を調整してください
★鶏挽肉を使うと、よりさっぱり味の肉みそに仕上がります。
★冷蔵庫で1週間保存できます。

ページトップへ