広島菜レシピ 広島菜のお漬物はあじわい深く、さまざまなお料理にも使えます。広島菜を使った美味しいレシピをご紹介します。

2018年9月

歯ごたえの良く香り豊かな広島菜は、そのままでも美味しくお召し上がりいただけますが、お料理にもピッタリ!そんな広島菜を使った美味しいレシピを商品ごとにご紹介しています。

じゃがバター


【材料】 (1人分)
・じゃがいも ・・1個(70g)
・バター ・・5g
・マヨネーズ・・10g
・いかの塩辛・・5g
・安藝紫・・5g
・生パセリ・・2g


【作り方】
1) じゃがいもに十字の切り込みを入れ、鍋で水から茹でる。
2) 安藝紫は細かく刻み、マヨネーズ、塩辛と混ぜる。
3) 茹であがったじゃがいもの皮を熱いうちにむいたら食べやすい大きさにほぐし、バターと(2)、細かくしたパセリをかける。

安藝紫ミルフィーユかつ


【材料】 (1人分)
・豚ロース・・6枚(100g)
・安芸紫・・5g
・大葉・・1枚(0.5g)
・スライスチーズ・・1枚(18g)←とろけないチーズが望ましい!
・薄力粉・・9g
・鶏卵・・10g
・パン粉・・20g
・サラダ油・・15g
・塩こしょう・・適量
・レタス・・30~40g
・レモン(くし切り)・・1切れ


【作り方】
1) 豚肉を広げ、軽く塩こしょうをふる。
2) 大葉は半分に、スライスチーズは3等分に切る。
3) 切った大葉、スライスチーズ、安藝紫を交互に豚ロースではさむ。
4) 重ねたら、小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつける。
5) フライパンでサラダ油を170度くらいに熱し、(1)を途中裏返しながらこんがり焼き色がつくまで揚げ、油から取り出す。
6) 粗熱がとれたら切り分ける。

安藝紫入り簡単お雑煮風


【材料】 (1人分)
・安藝紫・・5g
・とろろ昆布・・0.5g
・生麩・・0.5g
・薄口醬油・・2g
・お湯・・60g
・鶏もも・・30g
・切りもち・・1個(50g)
・かまぼこ・・10g
・こねぎ・・0.5g
・ゆず(果皮)・・0.2g


【作り方】
1) もちはオーブン等で焼いておく。
2) 鶏ももは余分な脂をとり、一口大に切る。
3) 沸騰したお湯に薄口醤油を加え、一煮立ちしたら鶏肉を加え茹でる。灰汁を取り除いたら火を止める。(味が物足りなければ分量外で塩を加える。)
4) 汁椀に安藝紫、とろろ昆布、③で煮た鶏もも、①で焼いておいたもち、薄切りにしたかまぼこ、生麩を盛り付ける。
5) (3)の煮汁を汁椀に注ぎ入れる。
6) 最後に斜め切りにしたこねぎ、松葉ゆずを盛り付ける。

ページトップへ